ブログ ・ 2020年

2020/2/15  初心者講座 その⑭ - オクターブ奏法 その②

オクターブ奏法 さて、前回はオクターブ奏法、について簡単に書きました。 今回は、オクターブ奏法の具体的な練習方法、について書いていきます。

オクターブ奏法での右手の使い方ですが、アポヤンド奏法だと、曲のテンポが速くなるとついて行けないことがあります。 私の場合、あらかじめ人差し指と中指をピッキングする弦の上で構え、アルアイレぎみに弾くようにしています。 多少ピッキングが弱くなることもありますが、そうすることで速いテンポにもついていけるようになります。

アポヤンド奏法とアルアイレ奏法については、こちらをご覧下さい。

具体的な練習方法

◯ トレーニングフレーズ①

オーソドックスな8分音符でのベース・ラインです。 ポップスやディスコビート、スラップでもよく使われます。

左手は、低音弦を人差し指、高音弦を小指で押さえます。 このとき高音弦は、人差し指以外の中指、薬指、小指の3本、つまり小指に中指と薬指を添えてあげると、楽に押さえることができます。

右手は、低音弦を人差し指で、高音弦を中指で弾きましょう。

オクターブ奏法

◯ トレーニングフレーズ②

オクターブ奏法の横移動の練習です。 弾く指はトレーニングフレーズ①と同じですが、音源のように高音弦を少しスタッカートぎみに弾くと、跳ねるようなグルーヴを出すことができます。

オクターブ奏法 - 横移動

◯ トレーニングフレーズ③

オクターブ奏法の縦移動の練習です。 ピッキングする弦が、1拍目と3拍目は3弦と1弦、2拍目と4拍目は4弦と2弦、というように縦に移動します。 慣れないと意外に難しいので、ゆっくりしたテンポから始めて下さい。

オクターブ奏法 - 縦移動

◯ トレーニングフレーズ④

右手強化の練習です。 1拍目と3拍目のウラを16分音符で弾きます。 1拍目と3拍目のピッキングは、人差し指→人差し指→中指の順で弾きます。 ピッキングをするときに脇を少し開けて、右腕全体を前後させるように動かすと、高音弦のピッキングのときに中指が高音弦に届き、弾きやすいと思います。

これも慣れないと意外に難しいので、ゆっくりしたテンポから始めて下さい。

オクターブ奏法 - 右手の強化

以前紹介したオクターブ奏法は、こちらをご覧下さい。 初心者の方が陥るオクターブ奏法での問題について書いています。


こちらの動画も、是非ご覧ください。


次回からは、「スケールとコード」について書いていきます。 是非楽しみにしていてください。

PAGETOP