ブログ ・ 2019年

2019/1/8  タイム感 その③ - タイム感を鍛える方法

リハーサル 明けましておめでとうございます。 今年もブログに有意義なコンテンツをアップしていきますので、どうぞ楽しみにしていてください。 今日はタイム感のお話しの続きです。

前回は「タイム感」を身につける方法について書きました。 今回は「タイム感」を鍛える方法について書いていきます。

「タイム感」を身につける方法はなんとなくわかってきたと思います。 それでは、身につけたタイム感を鍛えるには、どうしたらいいのでしょうか?

自分のリズムをチェックする

自分でリズムが出せているか、相手のリズムに頼りきりではないかを調べる方法があります。 それは、自分の演奏を録音して聞く、ということです。 ただし、音源に合わせたり、メトロノームに合わせたりせず、一人で演奏したものを録音します。 弾く前のカウントも録音すると、より分かりやすく調べられるので、是非試してみてください。

この方法で録音すると、不安定な演奏をしていることに気がつきます。 今までどれだけ周りに頼ってきたのかも、はっきりわかります。

過去に「自分はタイムキープができている!」と思いこんでいた私は、これに気づいたときには大変なショックでした。 しかし、気にすることはありません。 それで気がついたのであれば、早速改善していきましょう。 意識するだけで、大きく改善できるはずです。

タイムキープを意識する

無意識にプレイしている自分の演奏がわかったら、今度はタイムキープを意識してプレイしてみてください。 そして、同じように一人で演奏したものを録音します。 不安定なリズムの部分は、一度メトロノームに合わせる練習に戻って、メトロノームに合わせて安定したプレイができるようになったら、改めて一人で演奏してみてください。

前に録音したプレイと聴き比べてみるとどうでしょう? 確実に安定していませんか?

タイム感を鍛えるメリット

タイム感を鍛えると、様々なメリットがあります。

  • 自分でビートが出せるようになる
  • 安定感が増す
  • 耳が育つ

リズムの裏・表が、タイム感の向上でハッキリとわかってきます。 そして、耳コピするスピードがアップします。 音程を探る能力は別ですが、どういったリズムで演奏されているかがよくわかります。 よく耳コピをしていて、少し複雑なリズムになると、裏から入っているのか表から入っているのか、わからなくなった経験はありませんか? タイム感が向上すると、確実にそれが改善されます。

そして何より、曲が「走っている」、「モタっている」がわかるようになります。 もしバンドメンバーの誰かが走ったりモタったりしたときに、ベーシストなら、曲の途中でそれを修正することが可能です。

最終的には、それが気持ち良いと感じる演奏につながります。


こちらの動画も、是非ご覧ください。


次回以降は、「リズム感」について書いていきます。 是非楽しみにしていてください。

PAGETOP